Googleアドセンス広告

【スポンサードリンク】


糖質オフで健康体になった私!でも日本人は健康体よりも糖質(穀類・麺類・パン類)が好き!

更新日:

私たちは、もっともっと栄養について学ぶべき!

私たちの体は食べ物によってつくられています 。

それは、まぎれもない事実です。

でも、ほとんどの人が詳しいことを知りません!

人の体は、60%が水分、20%がタンパク質、脂質が15%、残りの4%が糖質とビタミン・ミネラルで、そのうち糖質は1%なんです!

カラダは食べ物に含まれる栄養素によって、組織を作り、体内を調整をしながら、健康を維持してくれます。

頭を働かせて、体を動かすことができるのも、栄養があってはじめてできることなのです。

現代栄養学では 、人間が生きていくために必要な栄養素の中で 、とくに重要だと考えられているものを・・・

「三大栄養素」と呼んでいます 。

この3つの栄養素とは 「タンパク質 」 「脂質 」 、それから、 「炭水化物 」(=「糖質」+「食物繊維」)のことですが‥‥

栄養学的には、炭水化物・・・・すなわち、糖質を摂ることが推奨されているのです 。

厚生労働省の 「日本人の食事摂取基準 」 によれば、この 3つの栄養素のうち 、タンパク質は 1 5 ~ 2 0 % 、脂質 は 2 0 ~ 2 5 % 、炭水化物は 5 0 ~ 6 0 %の比率でそれぞれ摂取することが理想とされています。

ということは、国では、「もっとも重要なのはタンパク質や脂質ではなく 、炭水化物 」であって 、 「タンパク質や脂質の約3倍の炭水化物を食べるべき 」だと唱えていることになるのです。

私をはじめ、これから糖質オフに興味を持って健康づくりやダイエットを実践するみなさんは、この国の考え方に、真っ向から向き合わないといけないということになっちゃいますね。

そもそもなんですが・・・・

よ〜く考えてみてください。

日本という国は、炭水化物を否定できないお国柄なんですよね…

だって、日本の食文化 = 「お米の文化」 なのですから…

日本政府が、炭水化物を否定することは、日本の農家を否定することになってしまうのです。

つまり、脱糖、すなわち、糖質オフ健康法では、お米・・・・

特に、白米は邪魔者以外の何者でもないんです。

糖質を摂らないようにするためには、お米は食べない、お米を排除することになりますので・・・

お米によって生計を立てている農家にとっては、糖質オフなんて言葉は、雑音以外の何者でもないわけなんです。

img_0043

そして、このお米と並んで、日本人の主食として不動の地位を築いている「小麦」・・・これが凄くやっかいな食材なんです。

【購入した参考書籍】「小麦で起きる現代病( “パン好きな人” 気をつけて」(監修:白澤卓二先生)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

小麦で起きる現代病 [ 家庭栄養研究会 ]
価格:648円(税込、送料無料) (2017/3/29時点)

 

 

ちょっとこの本の内容を・・・

今諸外国では小麦が健康に及ぼす被害を真摯に受け止めて、多くの医療関係者や研究者の皆さんがその危険性を訴えかけています。
そんな中、遅まきながら日本でも小麦が体に与える悪影響を重く受け止め、情報を伝えようと多くの方が情報を発信されています。
この本は7人の著名な方々が小麦の恐ろしさを実際の経験から述べられています。全編55頁、600円(+消費税)です。
小麦の悪影響について入門的に知りたい方にオススメします。

糖質オフ健康法では、お米もパン類も控えるように推奨されます。
ただ、小麦には糖質が含まれているということに加え、

現在の小麦の大多数が品種改良されたものなのです。

スポンサードリンク

Googleアドセンス広告

【スポンサードリンク】


健康ブログランキング

健康ブログランキングに参加中です! クリックしていただけたら更新の励みになりますのでよろしくお願いします(o^^o) にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

糖質制限人気ブログランキング

-お米, パン, 小麦, 炭水化物, 糖質

Copyright© 糖質制限ABC , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.