Googleアドセンス広告

【スポンサードリンク】


糖質と糖類の違いは?

更新日:

そもそも、糖質は、多糖類、オリゴ糖類、二糖類、単糖類、それから、糖アルコール類の5つに分類されるんです。

単糖類は、その名のとおり、単体、つまり、1個だけで存在するもので、ブドウ糖や果糖などがあたります。

二糖類は、砂糖やショ糖、麦芽糖などがありますが、単糖類が2つ結合したものになります。

そして、オリゴ糖は、その結合が10個ぐらいになったもの、さらに、その結合が数百から数万個以上になったものを多糖類というのです。

その多糖類の有名なもので、植物から作られるものが、でん粉で、動物から作られるものが、グリコーゲンになります。

 

なんか、難しい話で、頭の中がぐちゃぐちゃになってきますね。

一方、糖類は、これらのうち、単糖類と二糖類の総称のことなんですね。

 

分かりやすくいえば、そもそも、炭水化物が、糖質と食物繊維を足したもので、その糖質の種類に、糖類と呼ばれる、単糖類と二糖類があるんです。

 

つまり、糖類ゼロは、単糖類と二糖類はゼロですが、そのほかの多糖類やオリゴ糖類、、糖アルコールなどの糖質はゼロじゃないので、糖質は入っているんですよね。

 

糖質オフを心掛けている貴方は、どちらを選ばれますか?

Zeroスポンサードリンク

Googleアドセンス広告

【スポンサードリンク】


健康ブログランキング

健康ブログランキングに参加中です! クリックしていただけたら更新の励みになりますのでよろしくお願いします(o^^o) にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

糖質制限人気ブログランキング

-糖質, 糖質オフ, 糖類

Copyright© 糖質制限ABC , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.