Googleアドセンス広告

【スポンサードリンク】


ロカボの意味を知っていますか?

更新日:

「ロカボ」って言葉…よく聞くけれど、

糖尿病対策として、「ローカーボ」というのがあります。
糖尿病になると血糖値を上げないよう注意しなければなりません。
食事の際に血糖値を上げる炭水化物や糖質の摂取を制限するのが、
「ローカーボ(a low-carbohydrate)=低炭水化物、低糖質」という意味なんですね。

そのローカーボより、もっと続けやすくて、ゆるやかな糖質制限が「ロカボ」です。

 

でも、そもそも、なぜ糖質を制限するのでしょうか?

血液内のグルコース(ブドウ糖)の濃度のことを「血糖値」といいます。
この血糖値が急激に上昇すると、血糖値を下げようとして「インスリン」がたくさん分泌されるんです。
このインスリンは、血液中の糖分を減らすため、体の組織に糖分を分け与えて、それが脂肪となって体に蓄えられてしまうんですよね。
結果、血糖値が急激に上がるから、インスリンがたくさん出て、脂肪を貯めやすくなっちゃうんです。
血糖値が急激に上がる食べ物は、主食である、ご飯、パン、麺類などの炭水化物や果物や砂糖などのすぐにエネルギーになりやすいものです。

 

「ロカボ」によってこれらを控えることで、血糖値の上昇をおだやかにします。

ロカボでは、1日に食事から摂る糖質量を合計130g以下にします。
全てカットするわけではなく、朝・昼・晩の食事で各20~40g、そしておやつで10gまでの糖質はOK。
極端に減らすのではなくて、普段の生活に必要な糖分はきちんととりましょうね。
炭水化物や糖質を多く含む食品を避けて、気をつければ良いので、血糖値を上げないタンパク質や油脂は、ほどほどに食べても大丈夫なんです!

 

スポンサードリンク

Googleアドセンス広告

【スポンサードリンク】


健康ブログランキング

健康ブログランキングに参加中です! クリックしていただけたら更新の励みになりますのでよろしくお願いします(o^^o) にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

糖質制限人気ブログランキング

-タラコ

Copyright© 糖質制限ABC , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.