Googleアドセンス広告

【スポンサードリンク】


健康で長生きしたいあなた! コーヒーをブラックで飲みましょう!

更新日:

コーヒーはブラックで!

コーヒーを飲む場合‥‥私は、この選択肢以外はあり得ないと思っています。

というよりも、コーヒーをブラックで積極的に飲みましょう!

その理由は、長年、医学論文で、コーヒーと糖尿病に関する研究が行われてきました。

はじまりは、1970年といわれています。

その頃は、まったく注目されなかったコーヒーですが、2002年頃から注目されるようになり、数万人から数十万人に及ぶ、コーホート研究を得て信頼できる結果が出されたのです。

それは、コーヒーを1日1杯飲めば、糖尿病の発症率が7%減り、1日2、3杯飲めば、糖尿病の発症率が30%も減るというのです!

ただし‥‥コーヒーは、飲み方次第で善にも悪にもなり得る飲み物って知っていましたか?

まず、ここで述べる「コーヒー」は、砂糖やミルクをまったく入れない「ブラック」のことでのお話になります。

その前に‥‥砂糖の入っている缶コーヒー。

どれだけの砂糖が含まれているかご存知ですか?

よくある缶コーヒーの小さめの缶、190gに、なんとスティックシュガー(1本 3g)で約2〜3本分もの砂糖が入っているんです。

ということは、250g缶の缶コーヒーだと、約4本分にもなるんです。

そんな缶コーヒーを毎日、何本も飲んでいたら、身体のどこかに不具合が出てきても仕方のないことですよね。

砂糖入りの缶コーヒー好きの人には申し訳ないですが、砂糖入りの缶コーヒーは、「百害あって一利なし」って感じですね。

 

それでは、本題について‥‥

コーヒーには、いろいろな健康効果があります。

まず、カフェイン‥‥

疲れると、脳に疲労物質がたまるのですが、コーヒーの中のカフェインが疲労物質の作用を抑えてくれるんです。

 

次に、クロロゲン‥‥

1日に1杯、コーヒーを飲むことによって、糖尿病のリスクを約13%軽減できるって研究成果があります。

このような効果は、コーヒーに含まれているクロロゲン酸の効果によるものなのです。

 

スポンサードリンク

 

 

 

Googleアドセンス広告

【スポンサードリンク】


健康ブログランキング

健康ブログランキングに参加中です! クリックしていただけたら更新の励みになりますのでよろしくお願いします(o^^o) にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

糖質制限人気ブログランキング

-クロロゲン酸, コーヒー

Copyright© 糖質制限ABC , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.