Googleアドセンス広告

【スポンサードリンク】


糖質オフをたったの3日間続けよう!

更新日:

脱糖ダイエットの第一人者、ハタイクリニック院長の西脇俊二先生は、糖を断つ上で、まず3日間、徹底的に脱糖することを勧められています。

その理由としては、人の体のサイクルが、3という数字がポイントになっているからとのことです。

今日食べた炭水化物が体脂肪になるのは3日後になるということです。

というわけで、ダイエットをして3日後にはなんらかの結果がわかるということになるんだそうです。

また、なにかを習慣化する際は、おおむね3週間が必要とされるということです。
確かに、私も、例えば、早起きを実践しようとしたとき、3週間続いた際にそのまま継続できました。

さらに、西脇先生いわく、一般的な食事療法も3カ月を目安に設定されることが多いとのことです。

たった3日間頑張れば・・・・

でも・・・・

脱糖、すなわち糖質オフダイエットの話について、私が周囲の人たちに話すと、大抵の人は3日間はおろか、まず取り組もうとしない人が思いのほか多いんです。

「僕はそこまでストイックになれない。」とか

「ご飯やパンを食べないなんて考えられない。」、

「甘いものを我慢できない。」という返事が即座に返ってきます。

そういう言葉を聞くとき、この人は糖を断つぐらいなら病気になっても構わない・・・・って思っているのかな?

というよりも、今現在、病気とかで苦しい思いをまだしていないから、糖質オフはできないというんだろうな?!って気持ちで見ています。

ただ、糖質オフダイエットは、今までのダイエット法とは明らかに違っているのは間違いありません!

それは、ただ単に、食事制限をせずにやせられるということよりも、「糖を断つ」ことによって 、

糖尿病やガンを予防できる

という事実から健康になれるダイエットということにほかなりません。

今までのダイエットでは、やせられることと引き換えに健康を損なってしまうイメージがありました。

それが糖質オフダイエットでは、健康を取り戻す上に、病気の予防にもつながるわけですから、私からすれば、実践しない手はありません。

ただ・・・・ほとんどの日本人は、食事には、主食であるご飯やパン、麺類が欠かせない生活の中でずっと生きてきたわけですからムリもありません。

【広告】

先日、地元のイオンの2階にあるフードコートに家族と行きました。

そこには、ファストフードや麺類、定食や丼物など、10店舗以上の飲食店が並んでいます。

私が糖質オフ健康法を始める前からよく利用していましたが、糖質オフ健康法をするようになって、改めてメニューを見てみると、注文できるメニューがほとんどないんです。

マクドナルドのハンバーガー、チキン、フライドポテト

某有名店のラーメン、うどん

そして、私の大好きなお好み焼き

そうだ・・・・肉ならたくさん食べてもOKだ!

ということで、ステーキのお店に行ってメニューを見てみると、どれもライスがセットに・・・・

店員さんに「ライス抜きはありますか?」と尋ねてみると、

「申し訳ありません。すべてライスがセットになっています。」との返事が・・・・

糖質オフ健康法用の メニューとして、

すき家の牛丼ライト

が知られています。

 

 

 

 

 

 

 

 

最近では、ガストなどのファミレスでも、糖質オフ麺に変更ができるメニューもちらほらと。

これだけ糖質オフ健康法が広まってきたわけですから、外食産業ももっともっと糖質オフのメニューを取り入れて欲しいものですね。

 

スポンサードリンク

Googleアドセンス広告

【スポンサードリンク】


健康ブログランキング

健康ブログランキングに参加中です! クリックしていただけたら更新の励みになりますのでよろしくお願いします(o^^o) にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

糖質制限人気ブログランキング

-糖質オフ

Copyright© 糖質制限ABC , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.