Googleアドセンス広告

【スポンサードリンク】


主食は「タンパク質」と心得よう!

更新日:

突然ですが、あなたに質問です!

「主食」とはどんなものですか? と聞かれたらどう答えますか?

「そんなもん・・・・お米やパンに決まってるじゃないか!」

「まあ、たまに食べる麺類も主食の1つかな。」

たぶん、そんな答えが返ってきそうです。

 

それなら、「お米やパンは、どうして主食って言うの?」

こういう質問にはどう答えますか?

「そりゃあ、主に食べるからだろ?」

とか、「おかずは毎日いろいろ変わるけど、ご飯やパンはいつも食卓にあるから・・・・」

あなたは気がつきましたか?

たいていの人は、ただなんとなく主食はお米やパンだと思っているだけで、炭水化物がたくさん含まれているから主食だとは誰も思わないですし、もちろん、炭水化物を多く含む食品を主食とする定義も見当たりません。

そうなんです。主食という言葉は、長年の日本の食文化の中で慣習的に、もっと言えば、勝手に付けられた言葉なんです。

 

それでは、次にお尋ねします。

「私たちの体は、主に何から作られていますか?」

あなたは、「そりゃあ、細胞に決まってるじゃん」と答えるんじゃないでしょうか?

ズバリ言います!

私たちの体は、タンパク質からできているのです。

タンパク質は、私たちが生きるために欠かせない、土台となる栄養素なのです!

私たちの体・・・・

血液、血管、筋肉、骨、歯、毛髪、皮膚、爪、脳や内臓にいたるまで、人の体を構成する要素の全てがタンパク質を材料としているのです。

もう一度、お尋ねします。

「主食」とはなんですか?

あなたから「肉や魚、納豆や卵などですね。」

そう答えが返ってきそうです。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

Googleアドセンス広告

【スポンサードリンク】


健康ブログランキング

健康ブログランキングに参加中です! クリックしていただけたら更新の励みになりますのでよろしくお願いします(o^^o) にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

糖質制限人気ブログランキング

-お米, , 炭水化物, 納豆, ,

Copyright© 糖質制限ABC , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.