Googleアドセンス広告

【スポンサードリンク】


炭水化物中毒に気付いていないことが恐ろしいですね!実は私も・・・

投稿日:

あなたは炭水化物中毒ですか?
突然、こうたずねられるとあなたならどう返事をしますか?

「別に普通にご飯食べてるし、特に中毒っていう意識はないですね!」
大多数の人が特に思い当たる節もなく普通にこんな感じでこたえられるんじゃないでしょうか?!

あおまるは誰もが気付いていないからこそ恐ろしいのだと思っています。

【広告】

一般的かどうかはわかりませんが、中毒といえば、「アルコール中毒」や「ニコチン中毒」、それから最近では現代病としての「スマホ中毒」など・・・もっと恐ろしいところでは「薬物中毒」など。

そのどれもが体に害を及ぼしたり、事故や事件の引き金になるもので、その悪い効果は比較的即座に表面化してきます。

でも、あおまるが問題視している「炭水化物中毒」については、その症状が長い年月を経て表面に出てくるのと、何よりも私たちが生まれたときから当たり前に蔓延してしまっているところに問題があるんです。

以前、述べたように、今の時代、生まれたばかりの赤ちゃんからお年寄りまでその年代ごとの病気が激増しています。
小さな子どものは、発達障害の問題が・・・
中高年からは生活習慣病としての糖尿病・・・
高齢者は認知症・アルツハイマー・・・

どれもこれもひと昔前までその患者数は今ほど多くなかったはずです。
そもそも日本人の人口は2008年の1億2808万人をピークに減少している中で患者数が増えていることをもっと直視しないといけないんでしょうね。

話を戻しまして、あらゆる世代が病を抱えるようになってしまった現代社会で、いろいろな専門家、有識者がその理由を述べられています。発達障害は先天的な脳機能の問題、生活習慣病は運動不足と食べ過ぎが、認知症に至っては老化にともなって仕方ないなど・・・

あおまるJr.たちも発達障害と診断されていますが・・・
先天的な問題だと指摘を受けて傷付くのはその子たちとその親御さんなんですよね。
認知症にしてもそうです。自分自身、家族自身にどうしようもないところで理由を置かれると、なかばあきらめざるを得なくなっちゃうんです。

でも私はそんな考え方にあくまで抵抗しちゃいます。
何か支障が生じたときには、絶対に原因・理由があります。

現代社会が抱えることになった病の原因・・・私たちは、もっともっと炭水化物のことを知るべきなんでしょうね!

スポンサードリンク

Googleアドセンス広告

【スポンサードリンク】


健康ブログランキング

健康ブログランキングに参加中です! クリックしていただけたら更新の励みになりますのでよろしくお願いします(o^^o) にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

糖質制限人気ブログランキング

-アルツハイマー, 生活習慣病, 発達障害, 糖尿病

Copyright© 糖質制限ABC , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.