Googleアドセンス広告

【スポンサードリンク】


植物性油が健康に良いっていつの話?

更新日:

植物性油の代表格はオリーブ油ですが、あなたはオリーブ油が、ほかの油に比べて発がん性が高いことをご存知でしたか?

【参考書籍】一生太らない体をつくる「噛むだけダイエット」(著者:渡辺信幸先生)

MEC食の渡辺信幸先生も昔、料理に凝っていた頃、大量のオリーブ油を買い込んだそうですが、発がん性があるという事実を知ってからは、使おうにも使えず、捨てようにも捨てられずに、キッチンの戸棚に並べたままにされているそうです。

【広告】

オリーブ油は種類や製法によって良し悪しがあります。
おすすめなのは「エクストラバージンオイル」です。
それ以外の「ピュアオリーブオイル」「オリーブポマースオイル」は、化学溶剤などを使って高温で精製するのでトランス脂肪酸などの「危険な油」を含んでいることになります。

また、仮に「エクストラバージンオイル」と書いてあっても、圧搾方法で遠心分離機を使っているものは、高温で精製している可能性が高いので、結局トランス脂肪酸を含んでいるかもしれないので注意が必要とのことです。

私たちには細かい精製方法など分かりませんので、結局避ける方が無難な選択肢を選ばざるを得ないんですね。

植物性油とトランス脂肪酸の関係ですが、トランス脂肪酸は植物性油に水素を加えて固めたものになります。

代表的な食品としては、マーガリンとショートニングです。
マーガリンは誰もがよく知る、パン類にぬって食べる油ですね。

ショートニングについては男性は以外にご存知ないかもしれませんが、お菓子やケーキに含まれている油です。
ファストフード店のフライドポテトを揚げるのに好んで使用される油です。

そもそもこのトランス脂肪酸は、化学合成されている油なので体に害を及ぼすということで、動脈硬化や心筋梗塞にもつながるといわれています。

デンマークなどのヨーロッパでは規制を行い、アメリカでも2018年には使用を禁止するようにしています。

植物性の油がよくないことを述べてきましたが、ただ、ココナッツオイルについては、あおまるは否定しません。

ココナッツオイルについては、またの機会に・・・

糖質オフ健康法・・・ダイエットからはじまったあおまるの健康づくりですが、はじめた当初は、栄養成分表示の炭水化物や糖質量にしか目がいきませんでした。

今は、いろいろな先生、著者の書籍に触れ、食品添加物の存在や、その添加物が体に及ぼす影響など、いろいろ考えさせられることが多くなったような気がします。

そして、最近、実感するようになったのは、ダイエットや健康に関する数年前の知識のその多くが誤っていることがあるということです。

どの議論にしても賛否両論あるので、どちらの意見も踏まえなければいけないでしょう。

ただ、なんとなく感じることは、多くの人がテレビや一部の情報だけを鵜呑みにし、さらに、これだけ書籍をはじめ、様々な先生方の考えを学べる環境の中にあって、何も学ぼうとせずにいるような気がします。

もはや、カロリーダイエットは過去のものだという認識もまだまだ世の中には浸透していませんし・・・

ダイエットという言葉ばかりが一人歩きして、本当の健康づくりがダイエットからはじまるという意味を重く受け止めないといけないでしょう。

スポンサードリンク

Googleアドセンス広告

【スポンサードリンク】


健康ブログランキング

健康ブログランキングに参加中です! クリックしていただけたら更新の励みになりますのでよろしくお願いします(o^^o) にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

糖質制限人気ブログランキング

-オリーブオイル, カロリー, ココナッツオイル, 植物性油, 糖質オフ

Copyright© 糖質制限ABC , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.