Googleアドセンス広告

【スポンサードリンク】


太る原因は間違いなく糖質にある!本当に痩せたいなら正しい糖質制限で幸せに!

更新日:

太る原因は糖質にある!マジで痩せる気があるなら本気で糖質制限をやってみよう

昔からあるダイエット手法‥‥「カロリー制限」
このカロリー制限ダイエットが明らかに間違っていることは、専門家の間では周知の事実です。

もし、あなたの周囲の医師や栄養士が、カロリー制限という言葉を口にしたら‥‥ 「この人は勉強していない、知識不足だなぁ」と疑ってください。
そして、あなたが学んだ知識で質問をしてみてください。
たぶん、その専門家の人は、焦る と思いますよ(^ ^)

太る原因は、 「カロリー」ではなくて、 「糖質」にあります。
これは、疑いようのない 「現代の真実」です。

まずは、そのことを、早く理解してくださいね。

これほど、ちまたに、糖質制限の書籍などが出回って、専門家の先生たちが熱く語っているのに、世間の「糖質制限」に対する理解度が低過ぎます。

愚痴っぽくなってすみません。

私は、この現実を‥‥日本人があまりにも読書をしないことにリンクさせて実感しています。

読書の重要性については。また改めてお話ししますが、糖質制限ダイエットについて、テレビ等のメディアでいくら特集を組んでも、大多数の人には響きません。

やっぱり、実践しようと思う人が自ら書店に足を運んで、身銭を切らないとダメです。

糖質制限については、もし、あなたが少しでも疑問を持っちゃうと、糖質制限ダイエットは絶対に失敗します。
物事って、そんなものですよね。

糖質制限ダイエットの基本は、ご飯、パン、麺類といった主食に加え、砂糖を使った料理などをできるだけ控え、肉、魚、豆腐などからタンパク質と脂質をしっかり摂ることです。

pan

よく、 「糖質制限を実践して失敗した」という人のほとんどが、糖質制限をすることで、食べる量が大幅に少なくなって、もともと足りなかったであろう栄養素がさらに不足してしまう事態に陥ります。

そうなると、体を壊すのは明らかです。

結局、この人は、糖質制限ダイエットに失敗したのではなくて、間違った糖質制限ダイエットをして失敗したのです。

糖質制限は、今までのダイエットとは一線を画しています!

っていうか、「ダイエット」という言葉ではなくて、究極の健康法!なのです。

今、現代人が抱えているほとんど全ての病が、 「糖質制限」によって改善するのです!

これは、超真実です!

でも・・・世の中は、日本人は、180度の変革を嫌います!

今までの生き方や楽しみが完全に否定されるから・・・

そして、糖質制限が正しいと広まると多くの「糖質」で生計を立てている人・・・

例えば、米農家、ケーキ屋さん、パン屋さん、うどんやラーメン店・・・影響を受ける人が余りにも多いんです!

だから、国や行政、経済界も「糖質制限」にしましょう!なんて、口が裂けても言えないんです!

でも・・・

その代償として、国民の健康状態はますます悪化の一途をたどるんです!

目先のことだけを守るのは、もうやめましょう!

農家は大豆を・・・

ケーキ屋さん、パン屋さんは、糖質の含まれない新しい商品を・・・

うどん屋さんもラーメン屋さんももちろん・・・

食の転換を今こそ図るべきです!

じゃないと、あなたの子や孫、ひ孫の将来は閉ざされます!

結構訴える口調になってしまいましたが・・・

 

でも、私が糖質制限を実践して、本当に実感しているのは‥‥糖質制限ダイエットは体を元気に、健康にしてくれます。本当に驚くほど体調が良くなります。

では、なぜ糖質を摂りすぎると太るのか、その理由はとてもシンプルです。

まず、食事で摂取された糖質は、小腸で消化され、グルコース (ブドウ糖)となります。

このグルコースは、吸収されて血液とともに全身に運ばれ、細胞のエネルギー源として消費されます。

しかし、糖質を大量に含む食事を摂ると血糖値が急激に上昇してしまいます。

メッチャ健康に悪いんです! でも目に見えません。

この血糖値が上昇すると、すい臓にある「ランゲルハンス島のβ細胞」から「インスリン」が大量に分泌されます。

血糖値が高いままだと血管が傷つき、血液中で酸素を運んでいる「赤血球」 、がん細胞やウイルスなどを退治する免疫系を担っている「白血球」の働きも落ちてしまいます。

それを防ぐため、インスリンは筋肉や脂肪組織に血糖を取り込ませ、血糖値を下げる役割を果たしてくれます。

取り込まれた血糖は、まず筋肉の細胞でエネルギー源として利用されて、余った分が「グリコーゲン」という形で筋肉の細胞に蓄えられます。

肝臓はインスリンに頼らずにブドウ糖を取り込むのですが、肝臓のブドウ糖をグリコーゲンに変えるのはインスリンです。

しかし、筋肉と肝臓の細胞に蓄えられるグリコーゲンの量は限られています。

筋肉に200〜300g、肝臓には70〜80 gしか蓄えることができないんです。

結局、1日3食しっかり主食を摂って、さらに甘いお菓子などを間食していれば、筋肉と肝臓に蓄えられるグリコーゲンの貯蔵タンクはいつも満杯の状態になります。

インスリンから促されても引き受ける余裕はありません。

筋肉や肝臓が血糖を引き受けてくれないと、血糖値を下げることができないので、その役割を果たせず困ってしまったインスリンは、血糖を一つの場所に保存しようとするのです。

それが「脂肪細胞」です。

筋肉や肝臓では血糖を蓄えられる上限が決まっていますが、脂肪細胞は、ほぼ無制限に引き受けることができます。

脂肪細胞に取り込まれた血糖は「中性脂肪」に合成され体脂肪となり、この体脂肪のたまりすぎた状態が肥満というわけです。

このようなインスリンの働きから、インスリンは「肥満ホルモン」と呼ばれることもあります。

わかりましたか?

糖質を摂ると太る仕組みが‥‥

なによりも糖質は、体に必須な栄養素ではないんです!

三大栄養素と定義づけられていますが‥‥

体には不要な栄養素‥‥なくても平気な栄養素!

それが。糖質です!

Googleアドセンス広告

【スポンサードリンク】


健康ブログランキング

健康ブログランキングに参加中です! クリックしていただけたら更新の励みになりますのでよろしくお願いします(o^^o) にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

糖質制限人気ブログランキング

-インシュリン

Copyright© 糖質制限ABC , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.