Googleアドセンス広告

【スポンサードリンク】


女性の鉄不足に鬱(うつ)の原因があったんです!

更新日:

現代病の1つに数えられる「うつ病」の原因は食生活にある!

うつ病の患者は年々増加していて、予備軍を含めると、今や日本人の500万人以上がうつ病といわれる以上事態です。

政令指定都市で最も人口の多い横浜市の人口が約370万人なので、その多さに驚きます!

現代病といわれている「うつ病」…ストレスが主な原因とされていますが、今の治療法では薬の投与、そして様子を見ながらリハビリを行うなど、長期間の治療を余儀なくさせられます。

おまるも知り合いが「うつ病」を発症して、診療内科に通っていたので様子は分かるのですが・・・

こういっちゃあなんですが、働いている人が心療内科に罹った場合は、その職場へ「診断書」を提出しなければ休めないという風な理由もあり、医師は本当に簡単に「うつ病」の診断書を書いてくれます。

本当にビックリします!

根本的な治療の仕方を知らない医師の多いこと、多いこと。

結局、約3か月後とか、一定の期間に、患者の希望通りに「診断書」を書いて、患者は病休になるような繰り返しで、本当、治療してるんだろうか?って思わせるような心療内科が多いですね!

「薬を処方しているから、ちゃんと治療してる!」っていう医師もいますが、極端な話、薬の指示なんて、資格があれば私のような素人でも出来ます!

 

それも、一時的に改善して、例えば職場復帰したとしても、また暫くすると逆戻りで、2度目、3度目と回数を重ねるごとに症状が重くなる場合も珍しくありません。

 

精神的なストレスが主な原因とされ、家庭や職場での人間関係が複雑化し、精神的にも弱い人が増えたともいわれる世の中にあって、うつ病はますます増加するんじゃないでしょうか?

この「うつ病」の原因が、実は、「鉄不足」にあると分析する医師が広島の藤川徳美先生です。

心療内科が専門の藤川先生・・・

以前は、うつ病と食事には因果関係があるという発想自体が医師の間にもなかったとのことです。

最近になって、うつ病は食べ物が大きく影響するとハッキリ述べられています。

うつ病の治療の第一歩として、「フェリチン値を測定すること」とされています。

「フェリチン」という言葉、恥ずかしながら知りませんでした。

「フェリチン」とは、鉄を貯蔵できるタンパク質のことです。

フェリチン値は、「体内にどれだけ鉄分がストックされているか」とういうことを示しています。

そもそも、精神科の医師は、「栄養学や栄養療法」というところとは異なった診察をしていて、精神医学の教科書には、驚くことに「食事のことを一切書いていない」らしいのです。

最近‥‥あおまるが感じるのは、専門家である医師でも、その知識の差に大きな開きがあって‥‥昔ながらの知識しか持ち合わせていない医師は、現代医学では、間違った指導や治療を行っているという現実です!

私たち‥‥多くの人は、患者という立場で、医師には全幅の信頼をおいていたのは遠い昔!

一般の人たちには、なかなか知識が得難かったということがありましたか。

でも、今は違います。

インターネットが劇的に普及し、書籍も大規模書店に行かなくても、Amazonや楽天などですぐに買えます。

そうです‥‥学ぼうとしない専門家もどきの人よりも私たちはたくさんの知識を得られるんです。

Googleアドセンス広告

【スポンサードリンク】


健康ブログランキング

健康ブログランキングに参加中です! クリックしていただけたら更新の励みになりますのでよろしくお願いします(o^^o) にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

糖質制限人気ブログランキング

-妊娠, ,

Copyright© 糖質制限ABC , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.