Googleアドセンス広告

【スポンサードリンク】


血圧が高い原因はまぎれもない塩分の取り過ぎです

投稿日:

Sio

高血圧の原因は間違いなく塩分の取り過ぎですなんです!

人間の命を維持する器官やホルモンは、ある塩分濃度で正しく機能するようにできています。

したがって、血液中の塩分が多くなると水分を吸収して薄めようとします。

すると血液量が増えて血管内の圧力が高くなるんです。

そもそも血圧が高いことはどうしてダメなのでしょうか?

心臓は1分間60〜70回、収縮と拡張を繰り返します。

血圧が高いと血管壁に強い力がかかります。

1分間に60回、1時間3,600回、1日に8万6,400回繰り返すので、だんだんと血管が痛んでくるわけです。

これはどうしようもないことです。

この血液の壁の傷に酸化されたコレステロールや脂質などが入り、こぶ状に膨れたものが動脈硬化です。

話を塩の話に戻すと、人類が誕生した頃は、そもそも塩分のなど存在しなかったんです。

それが、人類の進化の過程で贅沢品の一つとして塩が発明され、今では料理に欠かせない調味料になっちゃいました。

特に味の濃い料理を好む家庭では、塩分も多く使われる傾向にあります。

また、ポテトチップスをはじめ、多くのお菓子類には多くの塩分が使用されています。

糖質オフばかりにスポットが当たる健康法の中にあって、私たちは塩分オフについても真剣に考えないといけません。

ただ、一気に減らすようなことはせず、少しづつ意識しながら減塩に取組んでくださいね。

 

Googleアドセンス広告

【スポンサードリンク】


健康ブログランキング

健康ブログランキングに参加中です! クリックしていただけたら更新の励みになりますのでよろしくお願いします(o^^o) にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

糖質制限人気ブログランキング

-動脈硬化, 高血圧

Copyright© 糖質制限ABC , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.