Googleアドセンス広告

【スポンサードリンク】


将来がんになりたくなかったら今すぐ牛乳をやめなさい!!

投稿日:

牛乳を飲めば背が高くなるという根拠もない迷信を信じた親たち!

牛乳を飲めば背が高くなるという根拠もない迷信を信じた親たち!そして、今の牛乳が体にいいと信じている学校の先生たちの大罪!

この誤った認識を早く改めないと、日本人の健康はますます損なわれます!

僕の両親も、僕が子供の頃、「牛乳をたくさん飲んだら、カルシウムを摂れて、背が伸びるから・・・とにかく、牛乳を飲みない!」と、耳タコのごとく聞かされてきました。

ただ、この牛乳神話は、当時、世間のどの家庭でも飛び交ったことばじゃないでしょうか?

牛乳を飲むとカルシウムが摂れて、背が伸びる・・・戦後、アメリカ支配下に置かれた日本・・・今もアメリカの支配下ですが・・・食文化・食生活において、終戦後、特に、アメリカの食文化が色濃く輸入されてきました。

その最たるものが、学校給食におけるパン食(小麦)と牛乳です!

milk

牛乳も小麦もアメリカの指導によって無理やり普及させられたんですよね!

そんなこと、一般の日本人は誰も知らされていませんし・・・

戦後、国も地方自治体も牛乳とパン食こそが、強い体を育む飲み物と食べ物だとうたい、ある意味、アメリカや日本政府に洗脳された親たちは、子供に牛乳神話などを押し付けたのです!

その牛乳神話ですが、いまだに、日本の小中学校では給食に牛乳を出しているところが圧倒的に多い!

そんな現実をみると、学校の先生方の栄養に対する知識のなさを実感せざるを得ません!

インターネットや書籍が少なかった時代ならいざ知らず、インターネットが普及し、様々な書籍が世の中に出版されて、様々な有益な知識を得られる現代社会にあって、牛乳神話に反旗をひるがえす先生がいてもいいはずなのに・・・

牛乳を飲めば飲むほど骨が弱くなっていく!

牛乳には、確かにカルシウムはそこそこ含まれています。

しかし、栄養学的にみた場合、リンが多く、マグネシウムが少ない牛乳は、骨を弱くして骨粗鬆症を増加させることがわかっています 。

リンという物質は、カルシウムと結びつく性質があるので、リンと結合している牛乳のカルシウムは体内に吸収されないんです。

そればかりか、体内にあるカルシウムが牛乳を飲むことで、牛乳に含まれるリンと結びつき、リン酸カルシウムとして排出されてしまうのです。

つまり、牛乳を、骨中のカルシウムまで溶け出し、骨がもろくなるのです。

この牛乳を飲めば飲むほど骨が弱くなる現象のことを、専門用語で「カルシウムパラドックス」といいます。

そもそも、牛乳が体に悪いという以前に、日本人は、体質的にも牛乳が体に合わないという事実があります。

「乳糖不耐症」ということばを知っていますか?

簡単にいえば、牛乳を飲むとお腹を壊し、下痢をする症状です!

日本人は、世界の人種、民族の中で牛乳がもっとも合わない人種になんです。

これは過去の歴史の中で、乳製品を摂っている歴史がなかったことが主な理由として推測されています。

そんな日本人の体質に合わない牛乳は、骨が弱くなる骨粗鬆症だけでなくて、アレルギーなどの病気 、難病や膠原病など様々な病気をもたらすことがわかっています。

また、牛乳には、その「原料 」にも大きな問題があります。

搾った乳牛が、ホルモン剤や抗生物質、遺伝子組み換えのエサを与えられていたとしたら、牛乳を飲むことで、一緒にそれらの 「毒 」を飲んでいるのも同然なのです。

古来より、伝統的に牛乳を飲む習慣のなかった日本人にとって、牛乳を飲むことは、がんを誘発する可能性が非常に高いといわれています。

あなたやあなたの家族が、将来的に、がんをはじめとする疾病にかからないためには、牛乳を飲むのを即刻止めたほうがいいですね!

いずれ、国や地方自治体も牛乳神話の崩壊に気づくでしょうが、その時では遅すぎます!

学校給食に携わる教師や栄養士の皆さん、早く、牛乳の真実に気づいてください。

お願いします!

Googleアドセンス広告

【スポンサードリンク】


健康ブログランキング

健康ブログランキングに参加中です! クリックしていただけたら更新の励みになりますのでよろしくお願いします(o^^o) にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

糖質制限人気ブログランキング

-糖質オフ

Copyright© 糖質制限ダイエット ~たったこれだけでやせて健康になれる~ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.