栄養素図鑑

糖質制限をキチンとするのに不可欠なのは、栄養素について知っておくことです。。

先日、読んだブログで、この人、カロリー神話をいまだに信仰しているんだなー。

発信する側が、ちゃんとした知識を発信してあげないと。

誤解したままの人がいつまでも間違ったダイエットや健康法を続けていることに、あおまるは危惧しています。

ダイエットについて誤解している人が多過ぎる!

「ダイエット」という言葉を聞いて、あなたはなにを想像しますか?

あおまるは、昔は、「ダイエット」 = 「やせる」 という単純なイメージでした。

でも、糖質制限健康法を学んでからは、考え方が根本的に変わりました。

やせるダイエット・・・特に、女性に多いですが、見た目だけがやせても、それは本当のダイエットではないんです!

「やせる」ことに主眼を置いたダイエットは、必ずといっていいほど、失敗します!

あおまるも、最初にはじめたダイエットが、やせることだけを考えたダイエットで、いわゆるカロリーオフのダイエットだったんです。

「カロリーオフ」っていえば聞こえがいいけど、要は「食べないダイエット」です。

この「食べないダイエット」をしている人・・・いまだに大勢いるんです。

本当のダイエットをしないと体を壊すだけ!

「やせるダイエット」がダメな理由は明快です!

それは、栄養素が不足することを意識していないことに原因があります。

あおまるの経験上、太っている人は、計画を立てるのが苦手で、めんどくさがり屋が多いです。

そんな人が、やせようとダイエットを考えた場合、「食べない」という選択肢に間違いなくたどり着きます。

何日間か、数週間は、食べないダイエットに耐えられても、そのうちに体が悲鳴をあげます。

結果、体調が崩れ、たとえば、風邪とかひいちゃうわけです。

そうなると、そんな人は、ダイエットは二の次で、体調の回復を優先させようと、頑張ってたくさん食べます。

結果、リバウンドです。

理想のダイエットとは?

カロリーダイエットを全否定するわけではないですが、カロリーはダイエットには、ほとんど関係ありません!

ターゲットは、「糖質」です!

「糖質制限」というと、よく、「ああ、炭水化物ぬくダイエットね」っていう人もいますが、それも間違いです。

「炭水化物」は、「糖質」と「食物繊維」を足したものを指します。

糖質制限では、「糖質」は抜きますが、「食物繊維」はできるだけ摂るようにしなければなりません。

それは、「食物繊維」が「糖質」の取り過ぎによる脂肪の吸収や血糖値の上昇を抑えてくれるからです。

そうなんです!

「炭水化物」の塊で見た場合、ダイエットの善悪が「食物繊維」と「糖質」は表裏一体なんです。

厳密にいえば、すべてではないですが、食べ物には、「食物繊維」と「糖質」がセットのもの・・・

たとえば、穀類、麺類、イモ類

そういう関係のものが非常に多いんです!

「悪者」の「糖質」と「正義の味方」の「食物繊維」‥‥まるで「ジキル」と「ハイド」ですが・・・

糖質オフ健康法を実践するためには、ここの意識が非常に重要になります!

つまり、「炭水化物」の量でみるのではなくて、「糖質」でみるんです。

つまり、「炭水化物」が多くても、それが「食物繊維」であるならば摂っても構わないということです。

ターゲットは、「糖質」

ここに理想のダイエットの鍵があります!

カロリーオフとか考えるだけ無駄です!そもそもカロリーの意味知っています?

カロリー神話をいまだに信じている人がいます。

太る原因が、「カロリー」の取り過ぎによるものだと思っている人。

そもそも、「カロリー」って、なんなんでしょうか?

「カロリー」と同義語で「エネルギー」という言葉があります。

栄養学的には、もっぱらこっちで考える方が分かりやすいので、「エネルギー」とは?

ということで考えて見ますね。

エネルギーは、そもそも、栄養素ではありません。

ただ、生命活動には不可欠なものになります。

このエネルギーをわたしたちは食事から摂取しています。

このエネルギーは。糖質と脂質、タンパク質の3つの栄養素と、あまり知られていませんが、アルコールもエネルギー源になります。

これらの栄養素が、体内に取り込まれた酸素と反応して分解されて、エネルギーが発生するのです。

エネルギーは体内でどのように利用されるの?

心臓をはじめ、内臓の機能の維持、呼吸、血液の循環、それから生理現象にまでエネルギーが必要です。

エネルギーとは、概念的な意味です!

分かりやすくいえば、乾電池みたいなイメージです。

乾電池がどんな仕組みでものを動かすのかは、別に譲るとして、エネルギーは乾電池と同じだと思ってください。

乾電池が切れちゃうと、その製品は動きを止めてしまいます。

一回で使い切っちゃう、マンガン電池やアルカリ電池ではなくて、充電式のニッケル水素電池・・・有名どころでは、エネループっていうのがありますね。

エネループは、充電が切れちゃうと、再充電しないとダメです。

これが、人でいう食事に当たります。

エネループは適正な時間を超えて充電しても、それ以上充電池の性能は伸びません。

充電が満タンになって、緑か青のランプがついたら、それで満タンです。

人の体も同じで、食事をして必要なエネルギー量を確保できれば、それ以上、食事を摂る必要はないんです。

ただ、充電池の場合は満タン以上に充電しても変化はありませんが、人の場合、やっかいで、摂りすぎたエネルギーは脂肪として体内に蓄積されてしまいます。

この蓄積された脂肪が体脂肪といわれ、肥満・・・すなわち太るもとになります。

 

健康ブログランキング

健康ブログランキングに参加中です! クリックしていただけたら更新の励みになりますのでよろしくお願いします(o^^o) にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

投稿日:

Copyright© 糖質制限ABC , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.