タンパク質

体内でのはたらき

タンパク質は、筋肉や臓器など、体を構成する成分になります。

英語で「プロテイン」と呼ばれていてスポーツしている人には馴染みのある言葉ですよね。

つまり、骨や筋肉、皮膚、髪の毛、内臓など、あらゆる組織をつくる材料になるんです。

yoga

わかりやすくいえば、粘土細工の「ねんど」でしょうか。

その種類は、なんと10万種類以上もあるのに驚かされます。

タンパク質は、分解と合成を繰り返しながら一定の量を保っています。

分解された体内のタンパク質のアミノ酸は、食事から摂取されたタンパク質由来のアミノ酸とともに、アミノ酸プールという、タンパク質の「部品置き場」のようなところに入って、新しいタンパク質の合成に利用されます。

酵素やホルモンなどの体の機能を調整する成分にもなる

 

更新日:

Copyright© 糖質制限ABC , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.