糖質

なんで三大栄養素の1つ?

一般的には、「三大栄養素」の1つと言われ、無くてはならないように誤解されています。

でも、糖質オフを実践して、そんな中で、ケトン体という物質を知ったあなたにとっては、

糖質は、もはや「三大栄養素」じゃあ無くなっていますよね!

ただ、このコーナーは「栄養図鑑」ということで、一般的な糖質について述べますので、

ちょっと否定的な意味も含めて読んでいただけたら幸いですね。

Onigiri

糖質は・・・

エネルギーの半分は糖質で摂取すると言われています。

それは、糖質がすぐにエネルギーに変わるという特徴があるからです。

エネルギーにの補給には凄く使い勝手のいい糖質がですが、

一番注意しないといけないのが、使われなかった糖質は、

脂肪になってしまうという現実です!

糖質は、脳の栄養源!

一般的には、脳はブドウ糖・・・

すなわち、糖質を唯一の栄養源にすると言われています!

そして、この糖質が不足すると、脳がボーッとするようになって、記憶力が低下したりします。

そのことについては、私は否定しません。

私も、実際に糖質オフに初めてチャレンジしてから、約2週間は、身体が凄くしんどく、頭もボーッとしていました。

ただ、これは、人によって時期が少し異なりますが、2週間程度を過ぎれば、反対に頭が冴えてきます!

これは、糖質オフの多くの実践者が経験済みです!

つまり、糖質オフを失敗したと思い込んでいる多くの人たちは、この期間の苦しさを乗り切る前に挫折してしまうんです。

この間の身体の変化として、糖質オフを実践することによって、ケトン体を脳のエネルギーとするスーパー回路が目覚めるようになるんです!

たまに、糖質を摂取することは、いいと思いますが、くれぐれも摂り過ぎはやめましょうね?!

 

健康ブログランキング

健康ブログランキングに参加中です! クリックしていただけたら更新の励みになりますのでよろしくお願いします(o^^o) にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

投稿日:

Copyright© 糖質制限ABC , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.